医療法人 昭和会病院 交通アクセスサイトマップお問い合わせホーム
電話095-827-0181
お知らせ病院紹介医療療養病棟回復期リハビリテーション病棟在宅事業部
看護部

看護部長あいさつ

看護部長

亜急性期から在宅復帰・または看取りまでの方を回復期リハビリや医療療養病棟で介護職と協働し看護しています。超高齢化に伴い主に老年期の方が多く病態は多様であり、それに伴い幅広い医療分野の知識や手技が必要となります。患者さんを全人的に捉えたうえでのケアは、向上心がある看護師にとっては魅力があり働き甲斐に繋がっています。

長期療養の間、看取りの場面などご家族とのかかわりに看護を見出すことができます。また長崎大学保健学科の3年生の老年期看護臨地実習や医学科1年生の早期見学実習など受け入れ教育の場を提供しながら、共に学び病棟の人材育成や活性化につなげています。 また、100%紹介入院の為、計画的な入院受入れが可能であり超過勤務が少なくWLBが推進されています。

看護部長 永松 順子

看護部理念

1 私たちは、患者さんの人権を尊重し、信頼される看護(介護)を目指します。
2 私たちは、専門職として、看護(介護)の知識・技術・マナーを磨き、自己の成長に努めます。
3 私たちは、よりよい環境づくりに努め、患者さん・ご家族の皆様に満足と安心を提供します。

教育体制

1.新人・中途採用者研修プログラム
エルダーが中心となり全体的に支援しますが、それぞれの項目により委員からの指導があり病棟全体で育成していく体制です。
1)院内教育  院内ラダーとチエックリストを利用し経時的に確認しながら個々の実践能力に合わせていきます。
2)院外教育  長崎県看護協会主催や県南支部主催、企業主催などに参加

2.継続教育
1)院内研修  毎月1~2テーマで開催 (時間内研修17:00~17;30)
        院内感染対策・安全対策→各2回開催(必須)
        救急関連・接遇・疾患の理解・褥瘡予防・ME関連等
2)院外研修  看護協会主催・企業主催などに各人1~2テーマ受講シリーズ研修参加
3)研究発表  長崎県看護協会県南支部主催看護研究会

3.クリニカルラダー

クリニカルラダー

看護部委員会

看護師のみ8委員会、他職種参加6委員会を開催、マニュアル作成・院内ラウンドなど行い、スタッフ全員に浸透する活動を展開しています。
看護部委員会
  • 師長会
  • 看護主任会
  • 介護主任会
  • リスクマネージメント委員会
  • 教育委員会
  • 看護業務推進委員会
  • 記録委員会
  • 感染対策委員会
  • 褥瘡予防対策委員会
  • 身体拘束廃止委員会
  • 摂食・嚥下委員会
  • クリティカルパス委員会
  • サービス向上委員会
  • 介護業務推進委員会