医療法人昭和会  昭和会病院 交通アクセスサイトマップお問い合わせホーム
電話095-827-0181
お知らせ病院紹介医療療養病棟回復期リハビリテーション病棟在宅事業部
回復期リハビリテーション病棟

回復期リハビリテーション病棟

回復期リハビリテーション病棟

脳血管疾患、整形外科的疾患などの患者さんに対して基本的動作能力の向上を図り、家庭復帰と寝たきりの防止を目標とします。リハビリテーションプログラムを、医師、看護師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士などが共同で作成し、これを基にリハビリテーションを集中的に行うための病棟です。

回復期リハビリテーション病棟1回復期リハビリテーション病棟2

入院から退院までの流れ

矢印
入院前訪問
患者さんが安心して当院へ転院出来るようにソーシャルワーカーが急性期病院を訪問し、ご本人・ご家族と面会して入院生活についてのご説明と受傷前の生活について聞き取りなどを行います、そうすることで、情報を多職種間で共有し、転院当日よりスムーズにリハビリを始められるようにします。

転院

矢印
入院時訪問
原則1週間以内に担当スタッフがご自宅を訪問し、退院後の生活を想定したリハビリが実施出来るよう生活環境の確認をさせていただきます。

個別性のあるリハビリテーション
リハビリテーション 起床から就寝まで病棟スタッフが密に患者さんと接し、365日集中的にリハビリを行っています。
●理学療法・作業療法・言語療法について

矢印
定期カンファレンス
定期カンファレンス 1ヶ月に1回定期的に行い、リハビリテーションの効果と目標の検証を行います。

退院に向けた積極的な準備期間
・退院前訪問

ご自宅に患者様ご本人とスタッフが訪問し、「住宅改修・福祉用具の利用アドバイス」「自宅での動作確認・指導」を行います。


・家族指導

ご自宅での生活を想定して、歩行や車いすへの乗り移りなどご家族の介助指導を行います。


・外出・外泊訓練


矢印
退院前カンファレンス
退院前カンファレンス 退院後の生活を見据えた退院指導書を用い、家族や施設、サービス事業所などに情報を伝達する話し合いをします。

退院

退院後訪問
退院後訪問 当院退院後に担当者でご自宅に出向き、生活状況を確認した上でアドバイスをさせていただきます。又、当院に持ち帰ってフィードバックすることで、今後の回復期病棟としての支援につなげるため多職種で共有していきます。